銀行のカードローン

カードローンは色々ありますが、何と言っても安心安全なのは銀行のカードローンですね。
金利も安く、限度額も高く設定されています。
法改正により年収の3分の1以上の貸付を禁止した「総量規制」も対象外です。


銀行でのキャッシング

銀行のキャッシングを使うという人は増加しています。

銀行カードローンは、申込みの方法がやりやすく、金利も低いので、気軽に使うえるキャッシングです。

銀行カードローンならば、申込みをインターネットからすることが可能になっています。わざわざ銀行まで足を運ばずとも、融資を受けることができるのです。

低金利で、大口の融資が受けられることが、銀行でのキャッシングのいいところです。
自分の信用が担保になるため、保証人や手数料はかかりません。

消費者金融からの融資は年収の三分の一を越える返済になるような融資はできませんが、銀行はこの限りではりません。

銀行からのキャッシングを事業資金とすることは無理ですが、使い道に制限が設けられていないので、使い方は自由です。

銀行のカードローンでは、現在利用している預金のカードがキャッシングカードとして使えるようになったりもします。
通帳のお金を使うためのキャッシュカードが、お金を借りるために使えるわけです。

口座用のキャッシュカードとは違う、カードローン用のカードを発行してキャッシングを行っているという銀行もあります。
銀行のキャッシングを利用する利点に、傍から見た時にキャッシングなのか、口座引き落としをしているのかわからないことがあります。また、銀行の審査にとおり、キャッシングカードを発行されているということが、信用の証とも取られることもあります。

銀行系キャッシングのメリット

銀行系のキャッシングを利用する人が、近年は増加しているようです。

銀行系キャッシングは、特に自分が通帳を持っているところのものが使いやすいようです。
キャッシング会社には様々ありますが、銀行系のキャッシングは低い金利でお金を借りられるところが多いようです。

銀行系は経営母体が大きいところが多いので、まとまった資本を持っています。
特に、ネットキャッシングを銀行系の金融会社から利用すると、低い金利でお金を借りる見込みが立ちやすいと言われています。

近年では、多くの銀行系キャッシング会社がインターネットからの手続きができます。
銀行窓口まで足を運ばなくてもよくなったため、一層借りやすくなっています。

最近では、申込みをするとその日のうちにお金を借りることが可能な銀行系の金融会社も増加しています。

消費者金融系キャッシングは、年収の三分の一を越える金額を借りてはいけないことになっていますが、銀行系にはその制限がありません。

銀行系キャッシングを検討してみることが、キャッシングを利用したいと思っている人には向いています。

最初に銀行系キャッシングの審査を受け、そこで通ればそれでよし。審査で断られたら、消費者金融会社のキャッシングの審査を受けます。

キャッシング会社選びに迷った時は、まず銀行系を候補にするといいでしょう。

銀行系キャッシングの注意点

金利が低く、利用限度額が高い銀行系のキャッシングは多くの人が利用していますが、事前に気をつけたいことは何でしょう。

まとまった資金を持っている銀行のキャッシング会社であることは、安心して使える理由となっています。

近年では、ネットキャッシングなど自宅にいながらキャッシングの手続きができるようになり、気軽にお金が借りられるようになりました。

低い金利でお金を借りることができるようになったといっても、キャッシングが借金であることは忘れてはいけません。
借りたお金の金額と期間に基づいて利息が算出され、その利息をつけて借りたお金を支払わなければいけません。
金融会社によっては、キャッシングに手数料がつきます。

最近は、ネットバンクの総合口座カードがキャッシングカードとしても使えることも珍しくないため、軽い気持ちでお金を借りてしまうという人もいるようです。

借入金額の上限や、金利、手数料の有無については金融機関によって差があるので、利用前に知っておくことが大事です。

キャッシングカードとしても使える銀行のカードにしておくと、口座の維持管理費が軽減されるというネット銀行もあります。どうすれば得かをじっくり検討してから利用しましょう。

銀行系キャッシングの場合、消費者金融系よりも審査のハードルが高めになっていることが多いようです。
個人の信用力があればいいのですが、場合によっては審査が終わるまで待った挙げ句、融資を断られたりします。
審査を受けた時に自分は通りやすいかどうか、銀行系のキャッシングを使う時は意識したいことです。

銀行系は総量規制の対象外

年収の3分の1異常貸しつけてはいけないという総量規制ですが、銀行のキャッシング、ローンは対象外です。

貸金業者は低利で調達し金利を上乗せしたサヤで利益を出しているため、借りてもらわなければなりません。

そこで生き残りをかけて個人向けの融資に出ています。

銀行はリスクを極力抑えるため、消費者金融を保証会社にしていることがほとんどです。

先日ダメもとで申し込んだら50万円の枠が出たのです。

某地銀で、保証会社はアコムでした。本当に助かりました。

低金利の銀行ローンの審査基準について

できるだけ低金利で融資を受けたいという人は、銀行からのローンを検討してみましょう。

住宅ローンはとくに銀行で組む人が多いと思います。銀行で住宅ローンを組む場合の審査基準について知っておくことが大切です。

住宅ローンにはフラット35という長期固定金利サービスがありますが、審査の段階で断られてしまうという人もいます。
民間の銀行では大手都市銀行や地方銀行がこぞってサービス展開しています。

地方銀行中には、不動産業者と提携することで、低金利での住宅ローンを扱っていることがあります。
民間の銀行から住宅ローンの融資を受ける場合、どんな審査基準で判断されているかは明確にはわかっていません。

年収は、フラット35ほど高く設定されていないらしいと言われています。
低収入の若年層の人でも最近はある程度の基準を満たしていれば頭金がなくても低金利でフルローンを組めるようになっています。

現在の会社に3年以上正社員で働いており、年収が安定していることが、低金利で銀行融資を受けるためには求められているようです。
勤務先や業種も評価の指針になるようです。雇用形態も審査され、契約社員や自営業も審査が厳しくなる傾向があります。

審査では、並行して利用しているローンがないかも調べられます。
これらの内容が審査ではチェックされていますが、具体的にどう判断しているかは金融会社によります。
大まかな目安としては、収入が安定しており、正社員として現在の会社に3年以上勤務しているという人です。そういう人は銀行ローンがおすすめです。