銀行系キャッシングの総量規制

銀行系キャッシングとは銀行が出資してつくったキャッシング会社のことです。
もうひとつ銀行キャッシングというのは、ダイレクトに銀行が行うキャッシングです。

両者の違いは、貸し主が銀行系の場合と、銀行の場合とがある中でどのようなところなのでしょう。

あまり良く知らないと似ていると感じますが、大きく異なるのが審査の基準や金利などです。
素早い審査が特徴の銀行系ですが、金利が高く、利用限度額が少ないということがいえます。

審査のハードルが高い銀行は、低金利で大口の融資をしてもらえますが、長い時間が審査には必要となるといいます。

大きな差として、銀行は総量規制の対象になりませんが、銀行系は総量規制の対象になります。
融資が総量規制という法律によって、年収の三分の一までしか受けられないことになっています。

貸し主が銀行系の金融会社になったときには、自動的にキャッシングの上限金額が決定するといえるでしょう。
この規制が適用されるのは、金融会社で貸金業者として登録されているところです。
キャッシング融資を銀行が行う場合には、貸金業者としての登録をしなくても良いのです。

自動的に銀行を貸し主にしたキャッシングをすることになるのは、年収の三分の一という制限を超えたキャッシングをしたい場合です。
普段は大口の融資でなければ銀行系キャッシングがしっかりと利用できますので、こちらを主に使うようにすれば良いでしょう。